愛犬のブラッシング

犬のブラッシングは、人間のように髪を整えるだけではなく、犬の健康にとっても大事なことです。
愛犬が健やかに生きるために、ブラッシングを確認してみてください。

 

ブラッシングは毛を清潔に保つだけでなく、飼い主とイヌとのコミュニケーションの時間です。子犬の時期からはじめて、ブラシで触られることに慣
れさせましょう。

 

ブラッシングのタイミングは、汚れを落とすという意味でも散歩のあとがいいでしょう。毎日の散歩後のお手入れとして習慣にしましょう。

 

ブラッシングは犬種、毛の特徴、体の場所によってブラッシングのやり方を変えることが大切ですよ。

 

愛犬のブラッシング記事一覧

犬の上手なブラッシング

ブラッシングが上手な飼い主と、ヘタな飼い主がいます。犬のブラッシングは、人間のように髪を整えるだけではなく、犬の健康にとっても大事なことです。愛犬が健やかに生きるために、ブラッシングを確認してみてください。ブラッシングは毛を清潔に保つだけでなく、飼い主とイヌとのコミュニケーションの時間です。子犬の時...

≫続きを読む

散歩の後の手入れ

散歩の後には、いつも愛犬の手入れをする習慣をつけましょう。散歩後の手入れは、ホコリや土、草などを、よく絞った濡れタオルでやさしく丁寧にふき取ります。足は肉球のあいだまで丁寧に、お尻や陰部は周りの毛もよくふきましょう。最後にお腹をふいたらブラシをかけながらドライヤーで乾かします。シャワー嫌いでない犬な...

≫続きを読む

目の手入れ

目の手入れは、適度に丁寧にしましょう。目の手入れは、目ヤニ、涙やけ、目のゴミをとることを注意しましょう。目ヤニをとる目ヤニは、水かぬるま湯、またはアイローションなどで湿らせたコットンでふき取ります。涙やけをとる目の周りの毛が白い犬は、「涙やけ」を防ぐ必要があります。涙やけというのは、涙による毛の変色...

≫続きを読む

耳の手入れ

耳はデリケートな部位なのて、耳の手入れには十分注意が必要です。耳の手入れといっても、外から見える範囲を、湿らせたコットンを巻いたカンシか綿棒でふき取れるくらいでいいです。やりすぎは禁物です。力を入れず、軽く皮層に触れる程度にして、耳のなかを傷つけないように注意をしましょう。耳の手入れは、コットンを巻...

≫続きを読む

爪の手入れ

爪の手入れは、月に1度くらいで十分です。伸びすぎの爪は体を傷つけるので、月に1度程度で犬用の爪切りで切りましょう。爪の切り方肉球を押して爪を出します。白い爪は爪のなかを通るピンクの血管の位置を確認します。ここは絶対に傷つけてはいけません。ピンクの血管を傷つけないように刃を垂直に当てて一気に切り落とし...

≫続きを読む

かわいい犬服がたくさん!