耳の手入れ

耳はデリケートな部位なのて、耳の手入れには十分注意が必要です。

 

耳の手入れといっても、外から見える範囲を、湿らせたコットンを巻いたカンシか綿棒でふき取れるくらいでいいです。やりすぎは禁物です。力を入れず、軽く皮層に触れる程度にして、耳のなかを傷つけないように注意をしましょう。

 

耳の手入れは、コットンを巻いたカンシで、外から見える範囲を傷つけないようにふきます。

 

 

愛犬がたれ耳の場合

たれ耳は湿気がこもりやすく、立ち耳は病気などのトラブルが少ないもののホコリが入りやすいです。たれ耳なら2週間に1度、立ち耳なら1カ月に1度程度を目安に耳のお手入れをしましょう。

 

かわいい犬服がたくさん!