ハウスに隠したい気持ち

部屋にあるスリッパやおもちゃがなくなっているなと思って探していると、犬のハウスのなかから出てくることがあります。

 

ハウスのなかをのぞきこむと、探してたモノがごろごろ。
庭がある家ならハウスの周りに土が掘り返されていないか確認してください。
穴を掘って、モノを埋めた可能性があります。おやつはともかく、靴下やおもちゃはいったいなんのために集めているのでしょうか。

 

この行動は、残った獲物を自分の巣に持ち帰ろうとする野生時代からの習性なのです。
野生時代、一度で食べきれない量の獲物をしとめたときには、残りを自分の巣穴近くの土のなかに埋めて、ほかの動物たちに取られないように隠すのが犬の習性だったのです。

 

現代の飼い犬は食べ物を隠しておく必要はありませんが、この獲物を隠す習性は、自分が興味を持ったものを隠すという形で今に残っています。

 

あまり頻繁にものを隠す場合は、狩猟本能を満たされていません。

 

狩猟本能を満たすのに一番いいのは、オモチャを投げて取ってとってこさせる遊びをしましょう。オモチャをきちんと持ってきたら、オモチャとおやつを交換してあげます。犬がこの遊びに夢中になればものを隠す行動は減るはずです。

 

かわいい犬服がたくさん!