ハァハァしている気持ち

犬のハァハァはには2つのケースがあります。

 

体温をさげるハァハァ

犬はハアハアと荒い呼吸をすることで体温調節をするのです。犬は足裏の肉球以外に汗腺をもちあわせていないため、ほとんど汗をかきません。犬はそのため人間のように体の表面から汗を出して体温調節をすることができません。

 

その代わりに、犬は長い舌を出して水分を蒸発させて体温を下げているわけです。こんなときには人間が汗をかいたときと同様、水分補給をしてあげましょう。

 

 

緊張のハァハァ

運動をしたわけでも、気温が高いわけでもないのに、犬が息をハアハアさせていることもあります。犬は初めて行った場所などでよくこういうしぐさをします。これは緊張のしるしです。心のなかでは「嫌だなあ、ここはいったいどこなんだろう」などとストレスを感じているのです。

 

犬も人と同じように、緊張したり不安になったりすると、ストレスを感じます。犬が初めて行った場所でハァハァと荒い呼吸をしていたら、やさしく声をかけて落ち着かせてあげましょう。

かわいい犬服がたくさん!