しっぽが横に立っている

今度は、愛犬がしっぽが水平に立てているときは、どんな心理状態でしょうか?

 

しっぽが水平になるほど横に伸びているなら、強い緊張と不安を感じてピリピリした状態です。

 

犬は、知らない人がやってきて頭をなでようとしたり、知らない犬が近くにいるような場合、緊張してしっぽをピンと横に伸ばします。不測の事態に備えて空中の匂いをかぎ、聞こえてくる音に耳をすまします。

 

しっぽをピンと水平にしたまま吠えていたら、さらに要注意です。

 

近くにいる何者かが怖くてたまらず、追い払いたい一心で軽いパニック状態です。こんなときは、リードを引いて、その場所からは遠ざかると落ち着きを取り戻すことです。

 

犬も、よくよく見るとしっぽでさかんにコミュニケーションしていることがわかるのです。

かわいい犬服がたくさん!