犬の上手なシャンプー

犬のシャンプーにもコツがあります。

 

犬は自然界では当然シャンプーはしません。
犬にはシャンプーをするという行為は、(一部の犬を除いて)ストレスになります。
(最近はシャンプーが気持ちいいという新手の犬も出ているようです。。)

 

ですから、シャンプーをするなら、愛犬が体調のいい時に、手早く行うことです。

 

シャンプーは犬の皮慮を健康にし、被毛を美しくするためにも大切なものです。
犬種によって2週間から1カ月に1回程度、洗う時のコツを覚えて定期的に行ないましょう。

 

 

犬のシャンプーのコツができているかをチェックしてみてください。

 

シャンプー前のコツ
  • シャンプーの前にはまずブラッシングをしっかり行いましょう。耳の後ろや内股、つま先や顔、お尻なども丁寧にブラッシングすることで
  • 毛がもつれることなく、スムーズにシャンプーができます。
  •  

     

  • 短時間で仕上げられるように、できるだけリンスインシャンプーをつかいましょう。
  •  

  • 人間用のシャンプーは刺激が強すぎます。犬専用のシャンプーを利用しましょう。

 

 

シャンプー時のコツ
  • 洗う時には犬になるだけストレスを掛けないように、マッサージをするようにやさしく洗いましょう。
  •  

  • シャンプーは、耳の内側は両手で優しく揉んで洗い、お尻の周りは毛を揉み込むように洗うのが基本です。
  •  

  • 愛犬の顔を洗う時には、シャンプーが目に入らないように顔を上向きに支えて洗い、後頭部からお湯をかけましょう。

 

 

シャンプー後のコツ
  • シャンプーで洗った後は、すすぎが十分でないと皮膚や毛に悪いです。ぬるま湯でしっかりすすいでください。。シャンプーやリンスが残ってしまうと、かゆみが出る原因になりますし、乾燥を怠ると体が冷えや、細菌が繁殖の原因になります。
  •  

  • 見落としがちな指の間や肉球の溝などもしっかりと流せているか確認してください。
  •  

  • 子犬の場合、乾燥の手抜きは厳禁です。自分でブルプルした後に、タオルドライで水気をとったらドライヤーで充分乾かしましょう。表面上は乾いたように見えても内部は濡れている場合があるので、乾かし残しがないかきちんと確認しながら乾かしましょう。

かわいい犬服がたくさん!