犬の上手な歯の手入れ

愛犬に上手な歯の手入れをしておげましょう。
基本的に犬は人間と比べて虫歯になりにくいと言われていますが、人間と同様に歯の手入れをしたほうが歯周病になりにくいのです。

 

 

口臭予防や歯周病予防のためにも歯磨きは大切です。歯磨き効果のあるオモチャもある程度は有効ですが、細かい部分にはブラッシングも必要です。
歯が生えそろう前の子イヌのときから口の周りを触れられるのに慣れさせ、飼い主の指をなめさせて歯に触ることに慣れさせましょう。それができるようになったら、ガーゼを指に巻いて歯を磨き、最終的には歯ブラシで奥歯まで磨けるようにします。

 

唇をめくって、歯ブラシを小刻みに動かして磨きます。汚れのたまりやすい奥歯まで磨くようにしましょう。

 

 

犬の口はもともと無臭です。
愛犬に口臭がする場合は、虫歯や歯の汚れがあると考えた方がいいです。

 

子犬の時期から歯磨きに慣れさせておかないと成犬になってから、歯磨きの際に鼻先や口を触られるのを嫌がってしまいます。
子犬のときから上手にコミュニケーションを取って、嫌がらずに口元に触れるように慣れさせる必要があります。

 

 

歯磨きの習慣をつける

人間と同じですね。毎日が理想ですが、できない日でも3日に1回くらいで愛犬の歯の手入れをしてあげましょう。

 

普段から歯磨き効果のあるおもちゃや、歯垢をとる効果のあるガムも歯磨きにはよいです。
ストレス解消にもなるので、週に1度はガムはあげるようにしましょう。歯の手入れに役立ちます。

 

 

犬の歯磨き

犬の歯の手入れは、片手で犬の唇をめくって押さえます。
その後、以下2つを行ってください。

歯の表面を指に巻きつけたガーゼで磨く
歯の間や奥歯などを犬用歯ブラシや子供用歯ブラシで磨く

 

奥歯や歯の外側は汚れが溜まりやすいので、よく見て綺麗に磨いてあげてください。

 

犬は歯茎から出血しやすいので、柔らかい歯ブラシで優しく磨きましょう。
歯を磨く時は、歯の一本一本を丁寧に円を描くように磨くのが上手な歯ブラシのコツです。

 

 

犬の歯石取り

犬の歯にも歯石がたまります。
歯石対策には「スケーラー」という歯石を取る道具が有効です。
「スケーラー」を使って愛犬の歯石を取ってあげてください。

かわいい犬服がたくさん!